その他 役に立つ知識

モチベーションを上げる効果的な方法とは

皆さんは普段からモチベーションを高く持って仕事に取り組むことはできていますか?
モチベーションを高く持ち続けられることで作業効率が向上し、仕事の生産性も高まるなどのメリットが得られます。そのため、高いモチベーションを維持し続けることが理想と言えます。

しかし、仕事に対してモチベーションを高く持っているスタッフは少なく、実際に私自身もモチベーションを高く持ちながら仕事を行うことは難しく感じます。皆さんもモチベーションが低いスタッフに対してどう関わっていくか困ったことがあるのではないでしょうか。

今回、その作業効率、生産を大きく左右するともいえる「モチベーション」を上げるためには、どのような方法が効果的に働くのかについて説明していきたいと思います。

モチベーションとは?

「モチベーション」は、「意欲」「動機づけ」などと訳されますが、仕事において「モチベーション」という言葉を用いる場合、組織内での業務意欲を意味することが多いです。また、モチベーションは、内発的動機づけと外発的動機づけの2種類に分けられます。

内発的動機づけ

内発的動機づけとは、目的に向かって行動することに、自ら意義を感じ本気でやりたいと思える動機づけをすることです。内発的モチベーションは自分自身でコントロールし鍛える必要があります。内発的動機により行動を始めることは難しいといわれていますが、モチベーションは維持されやすいです。

外発的動機づけ

外発的動機づけとは、「報酬がある」「促される」などの外因により動機づけをすることです。内発的動機づけと比較すると他者から与えられるため行動に移しやすいです。しかし、自分ではコントロールしづらく、持続するのが難しくなります

モチベーションはなぜ上がらない?

先ほどの説明でモチベーションの種類は2種類あることを説明しました。そのため、その2種類の動機付けのうち、どちらかの動機づけが阻害されることによってモチベーションは下がってしまうのです。
以下に各動機づけにおける原因を上げていきます。

内発的動機づけが弱い

・対象に興味がない
・仕事を魅力的に感じられない
・仕事の目標が明確でない
・心身の疲労の蓄積

外発的動機づけが弱い

・職場に覇気がない
・行動しなくても危害が及ばない
・正しい評価をされない
・困難だから超えられないと考えている
・偶然性があるからやっても仕方ないと考えている

というようにそれぞれの要因によって影響を受けてしまいます。以下で詳しく説明していきます。

仕事に魅力を感じられない

内発的動機づけの要因であげましたが、まず、社員が仕事に魅力を感じないことでモチベーションは低くなってしまいます。例えば、そのスタッフが持っているスキルや知識、要望を全く無視した業務内容・人材配置であるケースが挙げられます。そういった場合、人は仕事を「やらされている」と感じ、仕事に刺激や楽しみを感じられず、モチベーションを低下させてしまうのです。

仕事の目標が明確でない・適正でない

仕事をこなしていくにあたって、何を目指しているのか、仕事の目標が不明確であれば、モチベーションは徐々に低下していきます。また、たとえ目標を設定しても、その目標が本人のスキルや要望に見合っておらず達成困難であったり、過小設定となっていれば、目標に現実味を感じられず、結局モチベーションを低下させるものになってしまいます。

職場に活気がない

そもそも、職場に活気がない状態です。チームや組織全体にやる気が感じられない中で、自分だけがモチベーションを上げて仕事に励むというのは、かなりエネルギーの要る作業です。管理者やリーダーはしっかりチームや組織に目を向け、職場全体で活気のある現場にできるよう意識しておく必要があります。

正しく評価されない

いくら仕事に励んでも、その努力や成果について正しく評価されていなければ、自己肯定感が減少し、モチベーションも低下してしまいます。管理者はしっかりと適正な評価体制を確立し、スタッフ1人ひとりの能力を最大化する努力が必要です。

心身の疲労の蓄積

いくらモチベーションを高くもっていても、その仕事がキャパオーバーしてしまい、過剰な労働で身体的疲労が蓄積してしまっていれば、十分に疲労回復ができず、次第に心身を蝕んでしまいます。結果、モチベーションが下がってしまうのです。

モチベーションを上がることでのメリット

モチベーションが上がらない理由が様々あることが分かりました。しかし、それでもモチベーションを上げるメリットは数多くあります。仕事に対する意欲向上だけではなく、モチベーションを上げられることのメリットについて説明していきます。

仕事の質が上がる

まずは皆さんが思いつくとしたらこれだと思います。
モチベーションが維持できると、質の高い仕事ができるようになります。さらに、与えられた内容だけでなく限られた時間の中で自ら工夫して仕事を進める意欲がわき、無駄な時間を使うこともなく、生産性の高い仕事ができます。モチベーションが低いと決められた仕事を最低限こなせばいいという受け身の考えになりがちなので、モチベーションは仕事の効率を上げるうえでも重要です。

自己効力感の向上

モチベーションを維持して自分の仕事の質があがると、自分に自信がもて、自己効力感が向上します。結果、仕事に前向きになり、仕事に対するその姿は評価されるなどのプラスに働きます。認められる喜びはさらなる自信につながり、よりよい結果が生み出せるという好循環が生まれます。達成感を得ることで、できないと後ろ向きになることも、トラブルの際にも落ち込むことも少なくなり、精神的にも強くなれます。

職場の雰囲気が活気づく

モチベーションが上がり、自己効力感が向上し自分に自信がつくことで、気持ちが前向きになり、周囲とのコミュニケーションがスムーズになります。結果、職場の雰囲気が明るくなります。モチベーションを維持することは、周囲の雰囲気にも好影響を与えます。

モチベーションを上げるためのコツ

それでは、モチベーションを上げるためのコツについて、代表的な理論を取り上げて説明していきます。

モチベーションの向上を図るにあたって、まずは「モチベーション理論」について理解していく必要があります。この理論は様々な理論を用いており、モチベーションを向上させるための方法が考えられるようになりました。そこで今回は、モチベーション理論で用いられている代表3つの理論を解説していきたいと思います。

マズローの欲求5段階説

まずは、アメリカの心理学社マズローが提唱した「マズローの欲求5段階説」です。

その名の通り、人間の欲求を5段階のピラミッドの様な形になぞらえ、「人間は自己実現のために絶えず成長する」という考え方の元、低次の欲求が満たされるに従って、どんどんそれ以上の欲求が生まれるとする理論です。

具体的には、生きるための基本的な欲求「生理的欲求」や、生活の安全の確保「安全欲求」、社会の中で自分の居場所を欲する「社会的欲求」までを満たしてしまうと、さらに高い、他者から認められる事を欲する「承欲欲求」そして、自身の能力を最大化しより完全な自我を実現したいという「自己実現欲求」が生まれるというものです。 

ハーズバーグの二要因理論

次に、アメリカの臨床心理学社ハーズバーグが提唱した「ハーズバーグの動機付け理論」です。

これは、人が仕事に対して「満足」だと感じる要因と「不満足」を感じる要因は、全く別のものであるという理論です。別名「ハーズバーグの動機付け・衛生理論」とも呼ばれます。

ハーズバーグが実施した実験に基づいた理論であり、まず、給与や労働条件、人間関係などは「当たり前」に満たされているべきである「衛生要因」については、部下の欲求を満たしたとしても、それが直接モチベーションアップに繋がらないというものです。

一方、仕事の内容や、達成感、会社から認められる事については、「動機付け欲求」とし、人材を動かす上で最も大切な要素であるとしています。つまり、人材のモチベーションをアップさせるには、この「動機付け要因」の方にフォーカスする必要があるという事です。

期待理論

現代モチベーション研究の理論である「期待理論」です。

これは、人のモチベーションは「努力」「成果」「魅力(報酬に対する)」の3つの構成要素のかけ算から成るというものです。

努力…どの程度努力すれば成果に繋がるのかが明確であるか
成果…どの程度の働きをする事で、本人が望む成果が得られるか
魅力…本人にとってそこに向かって努力できるような魅力的な報酬であるかどうか

これらは代表的な理論の3つでしたが、その他もろもろの理論の要素もがかみ合うことで、モチベーションに影響を及ぼすようになるのです。
では、理論に関してはわかりましたが、それでは具体的にはどのような方法を行っていけばよいのでしょうか?

小さい目標から設定する

モチベーションを維持するためには、短期的に達成できる小さな目標を設定していくことが効果的です。
「今日はこれだけできた」という小さな目標達成でも、それらの成功体験が積み重なることで自らに自信がつき、さらによい結果を生み出せるのです。

1日のスケジュールを決める

「1か月、1週間でこれをやる」という目標設定よりも、「今日1日でこれをやる」という目標、スケジュールを設定することで、モチベーションを維持できます。

オンとオフを使い分ける

モチベーションを維持するために、オンとオフを使い分けましょう。24時間365日目標に向かってモチベーションを維持し続けることは難しいです。仕事とプライベートを分け、仕事中は目標に向かって集中して取り組み、プライベートでは趣味や休憩に時間を使いましょう。良質な睡眠をとることも大切です。

進捗状況を確認する

設定した目標の進捗状況を確認しながら進めていくことも大切です。ここまで何を達成できたのかを把握し、最終的な目標のうちどこまで到達しているかを確認できれば、次に何をしなければならないのかが明確になり、モチベーションの維持・向上につながります。

協力し合える仲間を作る

協力し合える仲間がいると、モチベーション維持に役立ちます。一人でモチベーションを維持し結果を出し続けることは難しいものです。そんなときは、周囲の人の力を借りともよいでしょう。ただ話を聞いてもらうだけでも思考が整理され前向きになれることもあります。
悩みを打ち明けてアドバイスをもらえば、自分では考えつかない解決法が見つかる場合もあります。場合によっては自分の強みを認めてもらうことで、さらなるモチベーションアップにつながることでしょう。

自分にご褒美をあげる

「仕事が終わったらデザートを食べる」「ボーナスで旅行に行く」など、自分にご褒美をあげることでモチベーションが維持できることがあります。目標を達成することで、どのようなご褒美が待っているか、自身で設定していくのもいいですね。

モチベーションを上げる動作をルーチン化する(アンカリング)

アンカー(錨)とは、心理学的には「引き金」「基準」を意味します。
アンカーとなる特定の行動などを利用し、決まった反応を引き起こすプロセスを意図的に作り出すことを「アンカリング」といいます。
例えば、アスリートなどがこの「アンカリング」を使っていることは有名です。
動作を始める際は必ず同じ足から踏み出したり、勝負日は必ず○○を食べるなど、成功のための動きのパターンやルーチンづくり、同じ行動をすることで「これで大丈夫」と自分に暗示をかけることができるため、モチベーションを上げるためにも有効です。

「モチベーションを上げたいときはこの音楽を聴く」など、その行動をすることでモチベーションが上がるような反応を引き出せればよいのです。

他人のモチベーションを上げるためには?

この記事を読んでいる方はすでに他人と比べてモチベーションは高い人であると思います。そのため、自身のモチベーションの上げ方も必要ですが、それ以上に他人のモチベーションを上げる方法も同様に知りたいと思っているのでは無いでしょうか?

基本的には自分のモチベーションを上げる方法と同じです。そのほかに特徴として、外発的モチベーションを上げる要素には内発的モチベーションとは異なり「集団の力を使える」ことが挙げられます。それでは、具体的な方法を説明していきます。

「何をするか」宣言させる

何をするか宣言させることは、まず目標を設定させる事に繋がり内発的モチベーションのきっかけにもなります。これを外発的モチベーションへ応用するために、宣言する機会を設けるのです。「やります!」と言ったのにやっていないとほかの人の手前気まずい…となり、期限までに頑張ろうという意欲に繋がるのです。

フィードバックする

ここから、組織や集団など、内発的モチベーションではほとんどきっかけにならなかったものからよい影響を与える方法になります。ただし、自分で見る、身近な人にアドバイスをもらうだけでなく、組織や仕事のチーム全体でお互いを見て意見を述べ合います。
よいところ、悪いところなど、忌憚なく発言できる、メッセージを送れる環境、そしてそれができる社風(文化)が必要となります。

称賛し合い、感謝を贈り合う文化をつくる

「ありがとう」これは外発的モチベーションのきっかけの重要なひとつであり、同時に内発的モチベーションにもつながる貴重な「報酬」です。
「ありがとう」などの感謝を受け取ることで、人は自分の行動や仕事が誰かの役に立っている、世の中のためになっていると実感できます。逆に感謝がもらえないと、仕事の意義、自分の行動の意味がわからなくなってモチベーションは下がってしまいます。

まとめ

モチベーションを維持することで生じるメリットやモチベーション維持の方法を紹介しました。モチベーション維持によって仕事の質・効率ともに高まり、周囲との関係性も良好になります。モチベーションが上がらない・・と思った時はご紹介した方法を実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました