その他 役に立つ知識

みなさんは「幸せ」は何で決まると思いますか?

あなたは日々の暮らしに幸せを感じていますか?何に対して幸せを感じますか?

  • お金持ちになる
  • 好きなことを仕事にする
  • 素敵な人と結婚して素晴らしい家庭を築く
  • 広い一軒家に住む
  • おいしい料理を食べる

様々なことに対し幸せを感じられると思いますが、幸せを感じるポイントは人にそれぞれ異なります。

しかし、人間が幸福感を感じるための要因は実は決まっていることが明らかとなっています。

つまり、その要因を把握し意識することで、あなたが感じる幸福度をさらに向上させることができるということです。

あなたがより人生を幸せに感じるためには、どのように過ごせばいいのか、そのポイントを今回説明していきたいと思います。

それでは早速いってみましょう。

幸せの約50%は遺伝子で決まる!?

いきなり要因の半分が出てしまいました。
幸福に対する研究は世界中で行われており、そしてこんな結果が出ています。

「人生の幸福度の約50%は遺伝子で決まる」

なんと、幸福感は最初から半分以上が遺伝子で決まっています。
幸福の感じ方はタイプによって複数分類されるのですが、研究結果の中でも、日本人は比較的幸福感を感じづらいタイプが多いことが明らかとなっています。

しかし、この研究結果は私たちにはどうしようもないため、あまり参考になりません。
ですが、大丈夫!残り50%の幸福を感じる要因があります。
気を取り直して他の要因をみていってみましょう。

10%は物理的・経済的要因(環境)できまる

残り50%のうち、10%は物理的・経済的要因できまると言われています。

お金がある、住む家があるなどの物理的・経済的な環境要因は幸福感を感じるうちの10%しか占めてないんですね。この結果は意外と思う方が多いのではないでしょうか。「幸せになる為にお金を稼がないと」と思っていた私もその中の一人ですが・・・

それでは、残り40%は何によって決まるのでしょうか?

40%は自分の行動や考え方で決まる

幸福感を決める要因の最後の40%は「自分の行動や考え方」で決まるとされています。なんと、自分の考え方によって「物理的・経済的要因」の4倍も幸福感を感じることができるようになるんですね。

つまり、今回、幸福感を感じさせる要因の中でカギとなるのはここにあります。

幸福度は「私たちの意図的な行動や考え方」で大きく影響するということです。

それでは自分の行動や考え方をどのようにすれば幸福感を強く感じることができるのでしょうか。その説明と効果的な方法を具体的に説明していきたいと思います。

その日起こった小さな幸せや感謝を日記に書く

一日の中で、ネガティブなことやポジティブなことが起こると思います。大抵の人はネガティブなことのほうが記憶に残る傾向があるそうです。これを「ネガティブフレーム」というそうです。

そのせいで結果的に「今日は疲れた。最悪だった。」と感じて一日を終えてしまう方が多いのではないでしょうか?

これを防ぐ方法が「その日起こった幸せなこと、うれしかったこと、楽しかったことのみを日記に書く」という方法です。

現在は日記だけではなく、TwitterやFacebook、インスタグラムに書くという方法もあるためそれも有効だと思いますが、日記の方がすぐに見返しやすいため良いとされています。

これを習慣づけることにより、ネガティブなことにばかり目が向きがちだった性格が、ポジティブなことにも注目するようになり、幸福感を感じられるようになります。

自分へのご褒美を決めておく。

「意欲」と「幸福度」との関連についても研究が行われており、意欲が高いと幸福度が高くなることが言われています。そこで、脳内物質の一つであるドーパミンは、この「意欲」を向上させる働きがあり、幸福度の上昇に関連してきます。

実は「自分にとって利益となるかもしれない」という状況を脳が感知すると、ドーパミンが放出されることが明らかとなっています。意欲を向上させるためには、この仕組みを応用するのです。

たとえば日勤がつらくて仕方ない、明日までのレポートを仕上げないといけないという状況で、なんとか意欲を出すには、「日勤が終わったら飲みに行ける」とか「これが終わったら買っておいたハーゲンダッツを食べよう」というように、自分へのご褒美を決めておくのです。

これにより脳が自分への報酬を予期しドーパミンを放出し始め、いやなことに対しても意欲的に取り組むことが出来るようになります。

軽い運動と睡眠をとる

テストステロンも意欲に関わる物質です。この物質が増加することで意欲が向上し幸福感上昇につながります。またテストステロンが増えると女性に嬉しい運動によるダイエットの効果も上昇することが知られています。

ではこのテストステロンを増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

日常生活で簡単に行える方法としては、

  • 軽い運動(ウォーキング程度で可)
  • しっかり睡眠(7時間以上)

をすることです。

軽い運動やしっかりとした睡眠はテストステロンの分泌を促進させる働きがあるだけではなく、メンタルの改善や、脳の萎縮を食い止める効果も報告されています。

これらを日ごろの生活の中で取り入れていくことで、ネガティブ思考をポジティブ思考に変えることができ、結果、幸福感は上昇するのです。

引用:yuukoki.hatenablog.com

良い人間関係が私たちの幸福と健康を高める

ここでまた一つ幸福度を影響する要因について調査した有名な研究があります。「ハーバード成人発達研究」は75年以上にわたり、2つのグループにおける心と体の健康を追跡してきました。対象となったグループは、1939~2014年にボストンで育った貧しい男性456人(グラント研究)と、1939~1944年にハーバード大学を卒業した男性268人(グリュック研究)です。

結果、Robert Waldinger教授によると、重要性において、あるひとつのことが、ほかのすべてに勝っているそうです。それは、

「良い人間関係が私たちの幸福と健康を高めてくれる」ということでした。

幸福や人生の豊かさをもたらしてくれる最大の要因は、「人間関係」ということが分かったのです。

頼れる人がそばにいるという環境には、神経系が緊張から解放される、脳の健康が保たれる期間が長くなる、心と体の苦痛が和らげられるなどの効果があることを、この研究は明らかにしています。

またこの研究は、孤独を感じている人は肉体的な健康が早く衰え、短命である傾向が強いことも示しているそうです。

「大切なのは、友人の数ではありません。交際相手がいるかどうかでもありません。身近にいる人たちとの人間関係の質なのです」

Waldinger教授

つまり、週末になるといっしょに出かける友人が大勢いるかどうかや、「完璧な」恋人がいるかどうかではなく、大切なのは人間関係の質なのです。

自分の幸福感を最大化させられる方法は自分自身が行動し考え方を変えていく必要があります。また、その中でも人間関係は幸福度に大きく影響しており、良質な人間関係の構築はあなたの幸福度を最大限にまで上げてくれると言えるのです。

まとめ

人が幸福感を感じるための要因は半分が遺伝子によって決まる

物理的・経済的要因は幸福感を感じるための全体の1割にしか満たない

自分の考え方や行動が幸福感を感じる要因の40%に影響する

最も幸福感を高めるカギは「私たちの日々の意図的な行動」にある

幸福や人生の豊かさをもたらしてくれる最大の要因は、「人間関係」

いかがでしたか?

人間関係に関しては以前も記事で触れては来ましたが、人間関係が及ぼす影響はあなたが人生の満足度を高める為の因子になることが科学的にも証明されていたんですね。

是非このことを参考に、これからの時間をより良い人間関係を構築するための時間に回してみてはいかがでしょうか?

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。
また次回の記事でお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました